So-net無料ブログ作成
検索選択

駅周辺 4. [鉄道]

395.1[1].jpg

H29.04.05.Th. 晴れ 11:47 Panasonic DMC-TZ20 iA

nice!(1)  コメント(0) 

気動車 7. [鉄道]

394.1[1].jpg

H29.04.05.Th. 晴れ 11:45 Panasonic DMC-TZ20 iA
nice!(1)  コメント(0) 

気動車 6. [鉄道]

393.1[1].jpg

H29.04.05.Th. 晴れ 11:44 Panasonic DMC-TZ20 iA
nice!(2)  コメント(0) 

気動車 5. [鉄道]

392.1[1].jpg

H29.04.05.Th. 晴れ 11:34 Panasonic DMC-TZ20 iA
nice!(0)  コメント(0) 

駅周辺 3. [鉄道]

390.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:10 Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(0)  コメント(0) 

駅周辺 2. [鉄道]

389.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:09 Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(0)  コメント(0) 

駅周辺 1. [鉄道]

388.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:07 Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(0)  コメント(0) 

気動車 4. [鉄道]

387.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:15 Panasonic DMC-TZ20 MS1

nice!(1)  コメント(0) 

気動車 3. [鉄道]

386.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:13 Panasonic DMC-TZ20 MS1

nice!(0)  コメント(0) 

気動車 2. [鉄道]

385.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:09 Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(0)  コメント(0) 

気動車 1. [鉄道]

384.1[1].jpg

H29.03.23.TH 晴れ 16:07  Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(0)  コメント(0) 

車両 1. [鉄道]

382.1[1].jpg

H29.03.23.Th. 晴れ 16:13 Panasonic DMC-TZ20 MS1
nice!(1)  コメント(0) 

3月の白鳥 [鳥]

381.1[1].jpg

[目]雪国の3月


nice!(0)  コメント(0) 

雀の木!? [鳥]

380.1[1].JPG

[目]この~木何の木、雀の~木~!?
[パンチ]忍法雀隠れ!?
nice!(0)  コメント(0) 

むか~し、むか~し、・・・第403話 [物語?]

359.1[1].jpg
鶴の‘おわん’は娘の姿に戻りましたが、記憶は戻っていませんでした。
そこでお爺さんは、娘を‘おつう’と名付けました。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 

むか~し、むか~し、・・・第402話 [物語?]

358.3[1].jpg
自分が亀の姿になっていたお爺さん、こんな事では驚きません。
この娘も‘キビキビ団子’の食べ過ぎか!?何て思っていると、

この治療を行った主治医の‘サンチュウ博士’が
「この宇宙の始まりの場所と言われる伝説の地‘混沌’に住むと云う
言霊使いの‘婆薔薇’の育てた‘不条理の果実’を食べたのでは」
と説明してくれました。
それは、食べると不老不死になるとも、何にでも姿を変われるとも、または、直ぐに石になってしまうと言われるまやかしの果実でした。

つづく。
nice!(1)  コメント(2) 

むか~し、むか~し、・・・第401話 [物語?]

357.1[1].jpg
怪我は治ったのですが、鶴の‘おわん’は人間の
美しい娘になっていました。

つづく。
nice!(1)  コメント(4) 

君の名は!? [猫]

P9070355.JPG


[猫]。。吾輩は猫にゃ。、、名前は、まだ無いにゃ!

。。1916年(大正5年)12月9日文豪、夏目漱石没。没後100年。
nice!(0)  コメント(0) 

キミの名は!? [雑記]

378.1[1].JPG


[新幹線]。。卵黄!?
nice!(0)  コメント(0) 

むか~し、むか~し、・・・第400話!? [物語?]

356.1[1].jpg
‘けあけあ星’での‘おわん’の羽の傷を完治させる為の
万能細胞による治療が始まり順調に工程が進んで行きました。

しかし、その治療を受けていた‘おわん’に異変が、、、。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 

むか~し、むか~し、・・・第158話 [物語?]

355.1[1].jpg
さて、最新宇宙船‘陽遊馬’を手に入れてから、
あんな事や、そんな事が色々ありまして!?(~339話迄略!?)

微笑むだけの‘キッカイ伯爵’も大笑い出来るようになり、
それで、亀の姿のお爺さんも‘キッカイな星’の女王‘見栄輝’の
持っている‘黙って箱’の中に入っている、解毒煙を吸って一応!?
元に戻れました。

そして、お爺さん達は100宇宙距離の万能細胞を使う医療技術の
進んだ‘けあけあ星’まで無事に到着しました。
と云う事で、いよいよ‘おわん’の羽の治療へと続く400話へ!?

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 

むか~し、むか~し、・・・第157話 [物語?]

354.1[1].jpg
‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の最後の競技、‘星、行ってⅡ’
のお宝は、最新宇宙船‘陽遊馬’でした。

宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’は、‘キビキビ団子’を3個食べてしまい亀になって過去に飛ばされて、居なくなったお爺さんの代わりの‘スロメ’のコンビになっていて、それを手に入れました。

そこで、亀の姿のお爺さんは、
「これは目出たい、お笑月ぅ~♪♪」
と言ってみましたが、勿論誰も気付く事はありませんでした。

つづく。
nice!(1)  コメント(4) 

むか~し、むか~し、・・・第156話 [物語?]

353.1[1].jpg
それは、あまりにもあっけない出来事でした。

3惑星の周りにを回っている衛星リング帯に入り込んでしまい
‘スロメ’と‘モモタ’とそのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’の所へ
辿り着けなかった宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’が、出て来ました。
さも訳ありな文字が刻まれた桃の種を見つけ出して、、、。

‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の最後の競技、‘星、行ってⅡ’
は終了です。勝者は、宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’。

つづく。
nice!(1)  コメント(2) 

此処は、何処でせう!? [天文]

[カメラ]上空には満月。さて、此処は!?
376.1[2].JPG

[雪]1.アラスカ基地!?上空。
[わーい(嬉しい顔)]2.どこぞのちりめん問屋天守閣!?上空。
[ひらめき]3.その他

nice!(0)  コメント(0) 

アツイ夜だから・・・!? [猫]

375.2[1].JPG

[ぴかぴか(新しい)]。。美味しゅう頂きました!
[猫]。。頭にミカン載せてるにゃ!?
nice!(0)  コメント(4) 

むか~し、むか~し、・・・第155話 [物語?]

352.1[1].jpg
亀の姿のお爺さんが目覚めた時には‘キョジンの星’の
‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の最後の競技、‘星、行ってⅡ’に
参加する、‘スロメ’と‘モモタ’とそのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’は勿論、
宙宇伝書鳩のはとこの‘コウ’からのお婆さんの伝言を読んだ
‘ウラシ’も亀のお爺さんを連れてその会場に来ていました。
そして、お婆さん率いる「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)‘カサジ’‘コブト’‘ノマメ’‘ハナサ’‘ホウシ’‘リコキ’も到着した所でした。

いよいよ、見つかるまで終らない時間無制限の競技。
3惑星の周りにを回っている衛星リング帯に有る、さも訳ありな文字が刻まれた桃の種を探す壮大な物語が始まります。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 

七夕ぁ~~~!? [鳥]

374.1[1].JPG


[ぴかぴか(新しい)]。。お腹一杯食べられますように!!
nice!(0)  コメント(0) 

むか~し、むか~し、・・・第154話 [物語?]

351.1[1].jpg
「‘イデンシヤ’様大変です。‘必罰屋’が罠を次々と破り、こちらに
近付いている様です。仕向けた刺客も、多数遣られたの事。」
「己、性懲りもなく。人質がどうなっても良いのか!?こうなったら総動員だ。何としても奴らを仕留めるのだ!」
「はっ。」

「‘イデンシヤ’様」
「うん?」
「奴らの目的は、人質の救出。亀の爺さんを磔にし、動きを封じるのが得策かと。」
「うん。」
「では、私が早速、、。」

「しっ、私だ。私。今助けるから、もうチョッと芝居しててくれ。」
「‘キッカイ伯爵’、、、。」

「‘必罰屋’が来たぞ。打ち取れー!」
「入り婿候補、只今見参!」
「うわぁ、貴様は何奴じゃ!」
「お父上様ぁ。娘の‘見栄輝’さんを僕に下さいー!」
「何を戯言を。亀の爺さんは渡さん!」
「門前の小僧、習わぬ経を読む。只今より‘必罰屋’の‘ウラシ’!
‘イデンシヤ’のお父上様!?覚悟ー!!」

「ありがとう、‘ウラシ’さん。貴方のお陰で‘イデンシヤ’を、、、。」
「‘見栄輝’さん、、、。」

亀の姿のお爺さん、どうやら目覚めない‘キッカイ伯爵’を見ている間に自分も寝てしまい夢を見ていた様でした。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 

むか~し、むか~し、・・・第153話 [物語?]

350.1[1].JPG
「さ~て、蛙も組み込みで空を飛ぶ!亀の爺さんはどうなりたい?」
「・・・!?」
「最近手に入れた‘火炎龍’使うか。火を吹く亀。亀ライター1号だ!」
「、、えっ、変身ポーズを考えないといけないのかな!?」
「火を吹く、核酸の遺伝情報はと、、。」

「申し上げます。‘必罰屋’の女が見回りの兵を突破し屋敷内に潜入
した模様です。」
「ふぁはっはっ!ならば罠を作動させろ。奴らを返り打ちだ。飛んで火に入る夏の虫とはこの事だ。ふぁはっは!数々の罠を乗り越えて、ここ迄は来れん。万一辿りつけたとしても、こちらには人質がいる。必ずや仕留めて見せるぞ!」

「‘見栄輝’さん、婿試しって何か僕達を遣っ付け様としている気がするんですけど。お父様は厳しい人何ですか。僕、大丈夫ですか!?」
「大丈夫よ。人間として信頼出来るから。きっと、、。さぁ、進むわよ!」
「はい!」
「ほっぷ、すてっぷ、ばんじーじゃんぷー???」

つづく。
nice!(0)  コメント(0)