So-net無料ブログ作成
検索選択

此処は、何処でせう!? [天文]

[カメラ]上空には満月。さて、此処は!?
376.1[2].JPG

[雪]1.アラスカ基地!?上空。
[わーい(嬉しい顔)]2.どこぞのちりめん問屋天守閣!?上空。
[ひらめき]3.その他

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

アツイ夜だから・・・!? [猫]

375.2[1].JPG

[ぴかぴか(新しい)]。。美味しゅう頂きました!
[猫]。。頭にミカン載せてるにゃ!?
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第155話 [物語?]

352.1[1].jpg
亀の姿のお爺さんが目覚めた時には‘キョジンの星’の
‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の最後の競技、‘星、行ってⅡ’に
参加する、‘スロメ’と‘モモタ’とそのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’は勿論、
宙宇伝書鳩のはとこの‘コウ’からのお婆さんの伝言を読んだ
‘ウラシ’も亀のお爺さんを連れてその会場に来ていました。
そして、お婆さん率いる「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)‘カサジ’‘コブト’‘ノマメ’‘ハナサ’‘ホウシ’‘リコキ’も到着した所でした。

いよいよ、見つかるまで終らない時間無制限の競技。
3惑星の周りにを回っている衛星リング帯に有る、さも訳ありな文字が刻まれた桃の種を探す壮大な物語が始まります。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

七夕ぁ~~~!? [鳥]

374.1[1].JPG


[ぴかぴか(新しい)]。。お腹一杯食べられますように!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第154話 [物語?]

351.1[1].jpg
「‘イデンシヤ’様大変です。‘必罰屋’が罠を次々と破り、こちらに
近付いている様です。仕向けた刺客も、多数遣られたの事。」
「己、性懲りもなく。人質がどうなっても良いのか!?こうなったら総動員だ。何としても奴らを仕留めるのだ!」
「はっ。」

「‘イデンシヤ’様」
「うん?」
「奴らの目的は、人質の救出。亀の爺さんを磔にし、動きを封じるのが得策かと。」
「うん。」
「では、私が早速、、。」

「しっ、私だ。私。今助けるから、もうチョッと芝居しててくれ。」
「‘キッカイ伯爵’、、、。」

「‘必罰屋’が来たぞ。打ち取れー!」
「入り婿候補、只今見参!」
「うわぁ、貴様は何奴じゃ!」
「お父上様ぁ。娘の‘見栄輝’さんを僕に下さいー!」
「何を戯言を。亀の爺さんは渡さん!」
「門前の小僧、習わぬ経を読む。只今より‘必罰屋’の‘ウラシ’!
‘イデンシヤ’のお父上様!?覚悟ー!!」

「ありがとう、‘ウラシ’さん。貴方のお陰で‘イデンシヤ’を、、、。」
「‘見栄輝’さん、、、。」

亀の姿のお爺さん、どうやら目覚めない‘キッカイ伯爵’を見ている間に自分も寝てしまい夢を見ていた様でした。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第153話 [物語?]

350.1[1].JPG
「さ~て、蛙も組み込みで空を飛ぶ!亀の爺さんはどうなりたい?」
「・・・!?」
「最近手に入れた‘火炎龍’使うか。火を吹く亀。亀ライター1号だ!」
「、、えっ、変身ポーズを考えないといけないのかな!?」
「火を吹く、核酸の遺伝情報はと、、。」

「申し上げます。‘必罰屋’の女が見回りの兵を突破し屋敷内に潜入
した模様です。」
「ふぁはっはっ!ならば罠を作動させろ。奴らを返り打ちだ。飛んで火に入る夏の虫とはこの事だ。ふぁはっは!数々の罠を乗り越えて、ここ迄は来れん。万一辿りつけたとしても、こちらには人質がいる。必ずや仕留めて見せるぞ!」

「‘見栄輝’さん、婿試しって何か僕達を遣っ付け様としている気がするんですけど。お父様は厳しい人何ですか。僕、大丈夫ですか!?」
「大丈夫よ。人間として信頼出来るから。きっと、、。さぁ、進むわよ!」
「はい!」
「ほっぷ、すてっぷ、ばんじーじゃんぷー???」

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第152話 [物語?]

349.1[1].jpg
[携帯電話]ファイト!闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

「여보세요. 미에테루입니다.」
「!?、、いや~、‘必罰屋’さん昨夜はどうも」
「貴方は!」
「声が聞けて嬉しいよ。美しい‘必罰屋’さんに、どうやら私は恋を
してしまった様でねぇ、、」
「‘イデンシヤ’、、」
「屋敷に忍び込んだ、君のお仲間の亀の姿のお爺さんから携帯番号をゲッツしちゃったよ。是非、また会いたいんだが来てくれるよね?亀の姿はしていても、お仲間の大切さには変わりないからね。それでは、待っているよ」


「‘見栄輝’さん、ぼ、僕と結婚してください!」
「‘ウラシ’さん、嬉しいわ!早速だけど、父に会って欲しいの」
「挨拶ですか。」

「‘見栄輝’さん、何でお父様にお会いするのに裏口から忍び込まないといけないんですか?」
「私は箱入り娘だから、門限が厳しいの」
「そうなんですか。お父様は怖い方何ですか?」
「そうね。怪しい研究をするやみ、、」

「見つけたぞ~!!」
「始まったわね。父の婿試し。‘ウラシ’さん、二人で頑張りましょうね!」
「えっ、何!?」

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第151話 [物語?]

348.1[1].jpg
亀の姿のお爺さん、目覚めない‘キッカイ伯爵’の瞼が
ピクピク動くのを見て、夢を見ているのだろうか?何て思っていると、、。

。。「ふふふ、‘キナコヤ’お主も悪よのぉ。‘ダイズヤ’も今頃
組み換えられて地団太踏んでお主を恨んでいよう」
「お戯れを。あやつを、お陥れ様としたのは‘イデンシヤ’さん
貴方様の方ではありませんか!」
「あれ、そうだったっけ!?」
「また、惚けちゃって!」
「ははははは・・・」

♪パラパァ~、、、
チャリン、パキパキ、・・・、

「これからも、佳きに」
「うん」
「う、何だ?誰かいるのか!?」
「うわぁ、な、何奴だ!?、、ぐわぁ!!」

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色
鬼畜外道、必罰の理を現わす。今晩は。‘キッカイな星’の女王‘見栄輝’見参!」
「巧言令色鮮なし仁。同じく‘キッカイな星’より‘キッカイ伯爵’」
「そして、亀の甲より年の功。亀の姿のお爺さん!」
「闇商人‘イデンシヤ’かよわき民衆を食い物にし、己の私腹を肥やす事、必罰に値する。この‘必罰屋’の‘見栄輝’達が成敗してくれる!」
「覚悟しろ、‘イデンシヤ’!」
「曲者だ。出あえ、出あえ!」

・・・。
「作戦失敗、退去よ!」
「しくじったか。仕方ない出直そう、、」
しかし、亀の姿のお爺さんは‘イデンシヤ’に捕まってしまいました。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第150話 [物語?]

P4240153.JPG
「月に叢雲、花に風、、そして爺は亀!?」
とかくこの世は、、、。
と、分かった様な分からない様な事を言いながら‘ウラシ’は
宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’の年下のはとこの‘コウ’が持ってきた
カプセルから取り出した、何故か汚れて丸まってたお婆さんからのメモを読みました。
そして、亀の姿のお爺さんは、
「こいつは、こいつは可愛い年下のはとこの‘コウ’~♪」
と歌ったつもりですが、勿論‘キッカイ伯爵’は眠ったままで
まして笑う事などありませんでした。

お婆さんは、「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)と
さも訳ありな文字が刻まれた桃の種を探す旅の準備を
「つけまつけま つけまつける、、♪」
と、始めました。

宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’は3惑星の周りにを回っている
衛星リング帯に入り込んでしまい、‘スロメ’と‘モモタ’と
そのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’の所へ中々出て来ませんでした。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第149話 [物語?]

346.1[1].jpg
お婆さんは、全宇宙に散らばったさも訳ありな文字が刻まれた
桃の種を探す事を伝えるために、宇宙伝書鳩の‘ハトのエース’を
この星の三連星の一つ‘キョジンの星’の‘佐ぁ~渡菜ヶ島’に居る
‘スロメ’と‘モモタ’とそのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’の下に、
‘ハトのエース’の年下のはとこの‘コウ’をもう一つの‘三連星’の
‘キッカイな星’に居る‘ウラシ’と亀の姿のお爺さんの下に
伝言カプセルを持たせ飛ばしました。

‘キョジンの星’の‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の最後の競技、
‘星、行ってⅡ’は、三連星の‘キョジンの星’と‘キッカイな星’と
お婆さんや‘スロメ’達の故郷の星を含む3惑星の周りにを回っている衛星リング帯に有る「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)も探す、さも訳ありな文字が刻まれた桃の種を探す競技でした。

‘操りの笛’の音で眠ってしまった‘キッカイ伯爵’から‘笑い’を取れなくなった‘黒のルホ’に宿られた鯨は姿を消しました。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第148話 [物語?]

345.1[1].jpg
‘キョジンの星’の‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’も
いよいよ最後の競技、‘星、行ってⅡ’を残すだけになりました。
それに勝てば最新の宇宙船を買える程のお宝が貰えるはずです。
それで、‘おわん’の傷を治せる‘けあけあ星’と呼ばれ、
万能細胞を使った医療技術の進んだ星に行けます。

‘ウラシ’の奏でる‘操りの笛’の音で‘黒のルホ’ではなく
同じ桟橋に居た‘キッカイ伯爵’が眠ってしまいました。

お婆さんは「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)の
テーマソングを考えました。
♪愛、高かった~!愛、高かった~!愛、高かった~!キミの~
♪愛、戦った~!愛、戦った~!愛、戦った~!キミと~、、、
と、何処かの星で昔聞いた曲らしい!?を決めました。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第147話 [物語?]

344.1[1].jpg
海上には‘黒のルホ’に宿られた鯨の姿がありました。
そして、何かを察したのか‘ウラシ’は‘操りの笛’を吹き出しました。
いよいよ‘黒のルホ’VS‘操りの笛’です!?

「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)を創ったのは、
9人の子供たちが生まれた時に、
。。『割れた大きな9つの桃の中には、さも訳ありな文字が
刻まれた種が1つずつ残っていました。
その桃の種は、刻まれた文字を見られる事無く
お婆さんに‘宇宙再利用箱’に入れられて、
全宇宙に散らばりました。』。。
それを、再び集めるのがお婆さんの目的でした。

‘ミ釣る’と云う釣り競技は、サクッと始まりサクッと3分で終りました。
結果は、
‘スロメ’が‘ホウサク湾’で手に入れたどんな料理
‘美味しくなる’らしい、ノラ印の‘サジ加減ポケット’のお宝を
魚の餌の‘アキ粉’を作る時に使うと、入れ食い状態に釣れて
ダントツで優勝!
お宝の最新宇宙エネルギーの‘オズマ’を手にいれました。

つづく。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第146話 [物語?]

343.1[1].jpg
自分の世界の家に戻って来たお婆さんは、‘おわん’と家に居た
‘カサジ’‘コブト’‘ノマメ’‘ハナサ’‘ホウシ’‘リコキ’で
「‘おわん’~8♪」(オワン~エイト♪)と云うグループを創りました

ハナ潟’と云う干潟で行われる‘ミ釣る’と云う釣り競技は、
制限時間内にとにかく‘ミ’と云う干潟に住む魚を
沢山釣ったチームが優勝で、お宝の最新宇宙エネルギーの
‘オズマ’が貰えました。
ただし、制限時間は秘密でいつ終了になるか分からない競技でした。

亀の姿のお爺さんを助けた‘ウラシ’は、縛り付けてあった
‘操りの笛’を手に取りしました。

つづく。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第145話 [物語?]

GRP_0225.JPG
‘ホウサク湾’から‘左の門’を通って真っ直ぐ行った所が、
‘キョジンの星’の‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’の
次の競技場となる‘ハナ潟’と云う干潟でした。
ここでは、‘ミ釣る’と云う釣り競技が行われます。

亀の姿のお爺さん。
投げ飛ばされた所は、海水事飲み込まれた‘黒のルホ’の中ではなく
‘龍宮ショー’を見ていた桟橋から、助けようと海へ飛び込んだ
‘ウラシ’の下でした。

ニワトリの鳴き声と共に、ネズミ世界の‘チュミオ’と‘チュリエット姫’の挙式は無事終り、お婆さんと‘リコキ’は元の!?お婆さんの家に戻っていました。

つづく。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第144話 [物語?]

341.1[1].jpg
「待っていろよ~、謎の生命体‘黒のルホ’!」
「オマエがミンク鯨!?ならこっちは、笛吹く初音ミンク!?じゃ~!!」
と、雄たけびながら、亀の姿のお爺さんは飛んで行きました。

ネズミ世界では、‘チュミオ’と‘チュリエット姫’の挙式が始まりました。

‘キョジンの星’の‘佐ぁ~渡菜ヶ島宝探しツアー’では、‘スロメ’がひとりで‘ホウサク湾’で手に入れたどんな料理も‘美味しくなる’らしい、ノラ印の‘サジ加減ポケット’のお宝を持って‘モモタ’とそのコンビの‘猿’‘隼’‘狼’と合流して次の会場の‘ハナ潟’に向かっていました。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

@

373.1[1] - コピー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第143話 [物語?]

Image097[1].jpg
‘チュリエット姫’は‘チュミオ’に笑顔でそれに応えました。

そして、二人はひっくり返りながらも、「ワイルドだぜぇ~!」と言っている亀の姿のお爺さんを、仲良く起こすとお婆さんにお礼を言いました。
そこにやって来た‘チュア王’も感謝を込めて敬礼をすると、
お婆さんに‘操りの笛’を手渡しました。

それを、直ぐに亀の姿のお爺さんに手際よく括りつけると、
今度は天井に向けて思い切り投げ飛ばしました。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第142話 [物語?]

GRP_0189.JPG
そうは言っても、単に亀がぶつかっただけのことでした。

それで目を覚ました、ネズミ世界の王‘チュア王’は
側でひっくり返って、足をバタバタさせている
亀の姿のお爺さんには見向きもせずに、
‘操りの笛’を吹き続ける‘チューメルン’を見つけると
‘チュー道’免許皆伝のキング オブ ‘チュア王’の力を
見せつけて、目にも止まらぬ早さで‘チューメルン’を仕留め
‘操りの笛’を取り上げました。

そして、‘宇チュウ一決定!競技会’の優勝者の、‘チュミオ’は
ネズミ世界の王‘チュア王’の見守る中で‘チュリエット姫’に
プロポーズしました。

つづく。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

昔の!?梅小路蒸気機関車館 [旅]

PA110882.JPG


。。[新幹線]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第141話 [物語?]

GRP_0222.JPG
そこは、亀の姿のお爺さん!?
寝静まった部屋に精一杯「カメダーキック!」
と叫んだつもりでしたが、やはり静寂が広がったままでした。

そして、流石のお婆さんでも思惑通りになりません。
‘チューメルン’ではなく‘操りの笛’の音で眠ってしまった、
ネズミ世界の王‘チュア王’にカメダーキックを亀の姿のお爺さんは
見事!?決めてしまいました。

つづく。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第140話 [物語?]

20090122231752[1].jpgお婆さんに投げ飛ばされた亀の姿のお爺さんは、
思わず!?‘チューメルン’にカメダーキック!!
するとぉ~!?、、、。

つづく。
nice!(3)  コメント(14) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第139話 [物語?]

P5030083.JPGどうやら‘黒のルホ’の体内と、 お婆さん達のいるネズミの世界は、繋がっている様でした。

そんな時、お婆さんは亀の姿のお爺さんを見つけると、捕まえて‘チューメルン’に向けて投げつけました。

つづく。
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第138話 [物語?]

76.1[1].jpg‘チューメルン’の‘操りの笛’の音に引き寄せられる様に泳いで行った亀の姿のお爺さんは、余りの驚きに言葉を失いました。

そこには、笛を吹くネズミ‘チューメルン’と‘ドラ、好いもん’のペンダントを持ったまま呆然と立つネズミ‘チュミオ’がいました。
そして、眠っている‘リコキ’とお婆さんの姿もありました。

何が何だか分らなくなった亀の姿のお爺さんは、
思わず叫びました。
「カメ(ユメ!?)なら、覚めて!?」
勿論、誰にも伝わる事はありませんでした。

つづく。
nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第137話 [物語?]

75.1[1].jpg気が付くと暗い洞窟の様な所に、亀の姿のお爺さんは居ました。
そこには、一緒に飲み込まれた魚やゴミの様なものもありました。

その中に、木で出来た人形もありました。
それが急に、亀の姿のお爺さんに話し掛けて来ました。
「ボクの名前は、アマガ木‘モッくん!’仕事はお見送りです」
「あの矢印の方に進むと良いよ!」
そう言うと、手を振って亀の姿のお爺さんを見送ろうとしました。

もう、何が何だか分らなくなっていたので亀の姿のお爺さんは、
言われるままにボンヤリと見える矢印の方に泳ぎ出しました。

どれ位泳いだでしょう。
何処からともなく、心地好い笛の音が聞こえてきました。
それは、‘チューメルン’の‘操りの笛’の音でした。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ミステリーサークルにゃ!? [猫]

P5200407.JPG


[猫]。。ミステリーサークル完成にゃ!?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第136話 [物語?]

74.1[1].jpg‘黒のルホ’と、‘キッカイ青年(伯爵)’のやり取りは、聞かなかった事にしようと思った瞬間です。
亀の姿のお爺さんは、また海中に戻ってしまいました。
そして、そこには‘黒のルホ’に宿られた鯨の姿がありました。

突然姿を現した亀の姿のお爺さんに、‘黒のルホ’は驚いた様子もなく言いました。
「お前は誰だ!?」
驚いたのは、亀の姿のお爺さんです。
「おカメェ(お構い)なく!」
と、平然を装いながらも亀だけどクロールで泳いで逃げようとすると‘黒のルホ’に海水事飲み込まれてしまいました。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第135話 [物語?]

73.1[1].jpg、、寝ぼけていた‘リコキ’が、

「ど、どぶサン、、ふ、ふ、復活ぅ~!、、、」
と、訳分らない事を言うと、また寝てしまいました。

それを聞いた‘多厳の滝’の主、

‘寿限無、寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末雲来末風来末食う寝る処に住む処やぶら小路の藪柑子パイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助だよ善因修業!’

は、‘チュミオ’が言っていないのにも関らず、
「それは、クリ、、ぃぇ、、ヤリ、、ぃぇ、、無理!?です」
と、これも訳分らない答をすると、お囃子の音と共にサッサと消えてしまいました。

‘チューメルン’の‘操りの笛’の音で、皆は寝てしまい、
起きているのは、笛を吹いている‘チューメルン’と‘チュミオ’
そして、お婆さんだけになってしまいました。

つづく。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第134話 [物語?]

72.1[1].jpg姿を現した‘多厳の滝’の主、

‘寿限無、寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末雲来末風来末食う寝る処に住む処やぶら小路の藪柑子パイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助だよ善因修業!’

は、お囃子の音が止むと急に厳かに言いました。
‘ドラ、好いもん’のペンダントで私を呼び出したのは、‘チュミオ’あなたですか?
「はい」と‘チュミオ’は答えました。
すると、‘多厳の滝’の主は、 「彼方の願いを、ひとつだけ叶えてあげましょう」

と、その時寝ぼけていた‘リコキ’が、、、。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

むか~し、むか~し、・・・第133話 [物語?]

71.1[1].jpg‘ドラ、好いもん’のペンダントを受け取った‘チュミオ’は、それを天高く掲げ、大声で言い放ちました。

「出でよ!!
‘寿限無、寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末雲来末風来末食う寝る処に住む処やぶら小路の藪柑子パイポパイポ パイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助だよ善因修業!’」

すると、何処からともなくお囃子の音が聞こえて来て‘多厳の滝’の主が姿を現しました。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ひにゃ祭り? [猫]

P4040292 (2).JPG


[猫]。。おにゃいりさまとおひにゃさま!(=^・^=)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog