So-net無料ブログ作成
検索選択

むか~し、むか~し、・・・第137話 [物語?]

75.1[1].jpg気が付くと暗い洞窟の様な所に、亀の姿のお爺さんは居ました。
そこには、一緒に飲み込まれた魚やゴミの様なものもありました。

その中に、木で出来た人形もありました。
それが急に、亀の姿のお爺さんに話し掛けて来ました。
「ボクの名前は、アマガ木‘モッくん!’仕事はお見送りです」
「あの矢印の方に進むと良いよ!」
そう言うと、手を振って亀の姿のお爺さんを見送ろうとしました。

もう、何が何だか分らなくなっていたので亀の姿のお爺さんは、
言われるままにボンヤリと見える矢印の方に泳ぎ出しました。

どれ位泳いだでしょう。
何処からともなく、心地好い笛の音が聞こえてきました。
それは、‘チューメルン’の‘操りの笛’の音でした。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント