So-net無料ブログ作成
検索選択

むか~し、むか~し、・・・第136話 [物語?]

74.1[1].jpg‘黒のルホ’と、‘キッカイ青年(伯爵)’のやり取りは、聞かなかった事にしようと思った瞬間です。
亀の姿のお爺さんは、また海中に戻ってしまいました。
そして、そこには‘黒のルホ’に宿られた鯨の姿がありました。

突然姿を現した亀の姿のお爺さんに、‘黒のルホ’は驚いた様子もなく言いました。
「お前は誰だ!?」
驚いたのは、亀の姿のお爺さんです。
「おカメェ(お構い)なく!」
と、平然を装いながらも亀だけどクロールで泳いで逃げようとすると‘黒のルホ’に海水事飲み込まれてしまいました。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント